症状別冷え性対策 「肥満・メタボ」

肥満対策として体脂肪率を気にする人は多くいると思います。体の60%は水分ですから、体重の増減に最も関係してくるのは水分です。「水を飲んでも太る」という水太りの人は要注意です。体温が低くて代謝が悪く、水を排泄する力が弱っている可能性が高いです。

症状別冷え性対策 「便秘・下痢」

男性・女性、高齢者問わず便秘な人は多いですが、原因は大腸や直腸が冷えて働きが鈍くなっていることが多いです。改善方法としては、腸を温める作用があり、食物繊維が多い食材を食べると便秘の改善に効果的です。

症状別冷え性対策 「頭痛・肩こり」

冷え性が原因の頭痛・肩こりは入浴+生姜紅茶で発汗と利尿を促して解消 体の冷えと水分を除けば痛みは取れる場合があります。「雨が降ると関節が痛む」とか「寝冷えをすると下痢をして腹痛がする」という人も結構いると思います。

全身の筋肉を鍛えて冷え性対策

特別な道具を使わず、家でも外出先でもできるのがアイソメトリック運動です。アイソメトリック運動は自分が持っている力のうち、60%~70%を発揮して行うことが出来るトレーニングで、あのブルースリーも筋力維持に行っていたと言われています。

筋力アップで冷え性対策

体温を上げ、冷え性対策をするのには筋力アップは大変効果的ですので積極的に体を動かしましょう。そのなかでもウォーキングは普段運動する習慣のない方でも簡単に取り入れやすい日常で行うことができる運動です。

カイロを使って冷え性対策

肩こりや関節痛、下痢や便秘、婦人科系の不調なども、体を温めることで症状が和らぐこともあります。そこで大変有効なのはカイロの有効活用です。使い捨てカイロ温度も持続し、冷えやすいお腹や腰、足元を部分的に温めるのに大変有効です。

冷え性対策の基本は頭寒足熱

健康の基本は頭寒足熱と言われていますが、これは文字通りに頭を冷やして足元を温めるということです。なぜこの状態が求められるのかというと、下半身には腎臓やなど、重要な臓器が集まっているからです。

スポンサーリンク