2017年07月一覧

冷え性対策でがん予防

がん予防には高脂肪の食事を控え、腹八分目で身体を温める 血が汚れると体は浄化しようと働き、その老廃物などをまとめて塊にしてしまいます。これががんです。したがって、がん予防には食事を見直し、過食を控え、血液の汚れを防ぐことが大変重要です。

症状別冷え性対策「むくみ」

むくみの原因は体内の余分な水分 体温を上げて解消 細胞には水分を吸収する力がありますが、体が冷えているとその能力が下がり、本来吸収されるはずの水分が細胞の外に溜まったままになってしまいます。

症状別冷え性対策「更年期障害」

更年期障害の症状対策には下腹部を温める 西洋医学で更年期障害は、閉経に伴う女性ホルモンの分泌低下が原因とされていますが、漢方医学での更年期障害の原因は下腹部の冷えにあると言われているそうです。

症状別冷え性対策「風邪・発熱」

発熱時は解毒剤を使わず、発汗で自然に体温を下げる 発熱による発汗が起こっているときは、血液中の老廃物や余分な脂肪分なども燃焼し、血液が浄化されるので、発熱はむしろ歓迎するべき反応といえます。

症状別冷え性対策「生理痛・生理不順」

冷え性の女性に多い生理不順や生理痛 下腹部を温めて対策を 下腹部には卵巣や子宮という大切な臓器があります。そこが冷えてしまうと、女性にとって重要な機能が果たせません。その結果、整理の周期や出血量が正常な範囲から外れたり、様々な痛み、体調不良が起こります。

症状別冷え性対策「貧血」

貧血とは血液や赤血球が足りない状態であったり、赤血球中の血色素量が足りない状態のときに起こります。貧血の8割を占める鉄欠乏性貧血の原因としては、胃潰瘍や月経過多により出血があること、もう一つは食事に鉄分が不足していることなどが考えられます。

症状別冷え性対策「高血圧」

高血圧の主な原因として 1.塩分の摂りすぎ 2.水分の摂りすぎ 3.動脈硬化 4.下半身の筋力の低下 この4つが挙げられます。このうち、塩分の摂りすぎは良く知られていますが、水分も取りすぎると血管内の水分が増えて血圧が上昇するので注意が必要です。

症状別冷え性対策 「肥満・メタボ」

肥満対策として体脂肪率を気にする人は多くいると思います。体の60%は水分ですから、体重の増減に最も関係してくるのは水分です。「水を飲んでも太る」という水太りの人は要注意です。体温が低くて代謝が悪く、水を排泄する力が弱っている可能性が高いです。

症状別冷え性対策 「便秘・下痢」

男性・女性、高齢者問わず便秘な人は多いですが、原因は大腸や直腸が冷えて働きが鈍くなっていることが多いです。改善方法としては、腸を温める作用があり、食物繊維が多い食材を食べると便秘の改善に効果的です。

スポンサーリンク